中山さん画像

新事業を最短時間でブレイクさせる上での最重要戦略!このシンプルな理論を9割以上の起業家が実践できない本質的理由…

※第86回定例講義

2018年12月08日(土)【定例講義】 投稿者名:代表 中山匡  【記事投稿者一覧→】

 
今回の定例講義では、「新事業を最短時間でブレイクさせる上での最重要戦略!このシンプルな理論を9割以上の起業家が実践できない本質的理由…」をテーマに解説を行いました。

このタイトルからは、どんな内容か分かりにくいかと思いますが、結論を先に言ってしまいますと、これは先月の定例ワークとして準備をしていながら、時間の関係で、開催ができなかった

キャズム理論に基づき、あなたのターゲティング戦略を見直す!

に関する内容です。

先月、短時間でも良いので、そのワークをささってやってしまおうかなと一瞬迷いながらも、いや、そのような中途半端なことしてはいけないと考え直したのは、それほどまでにこのテーマが重要だからです。

キャズム理論は、かなりいい線までいった事業が、なぜか途中で失速してしまい、市場から消え去ってしまうようなことがなぜ起こるのかの理由を、ロジカルに解明した手法です。

ややこしいことに、素晴らしい商品・サービスだから長く続くというものではなく、逆に、品質が劣る商品の方が有名になり、マーケット・リーダーになるということも決して珍しいことではありません…。

では、どうしたら商品・サービスを長く残し続けられるのかというと、そのためのマーケティング戦略、マーケティングの中でも、特に「ターゲティング戦略」が重要になってくるのです。

そして、キャズム理論に基づいて行われる、そうした「ターゲティング戦略」は、実際のところ、新しい事業を最短時間で立ち上げるための手順としても、想像以上に機能することが分かっています。

当社が在宅秘書サービスを立ち上げてから、素晴らしいと言われながらも、全くといっていいほど売上が上がらない期間が3年も続いたのは、その理論への理解が完全に欠けていたからでした…。

逆に、そこから学んだ上で立ち上げたシェア秘書サービスは、短期間のうちに大幅な売上成長を続けることができました。(もちろん、売上が上がっても、利益を生み出すのが難しい事業であったわけですが、それは、プライシングという別の課題ゆえのことです。)

こういった考え方は、多くの方は、重要なことだということを分かっているだろうと想像しています。

ところが、実行している人にはほとんどお会いしたことがありません。
経験的には9割以上の方が、実行していないと感じています…。

なぜ、重要と分かっていても実行しないのかというと、それが事業を早く立ち上げる上で、どれほどまでに重要なことであるかが実感として持てていないからではないかとも考えているところです。

この考え方を真の意味で理解すると、ターゲティングを中途半端にしている自分に気付けば、突然青ざめて、もう怖くて怖くて青ざめるのではないでしょうか…。

実は、自社の活動の一部に対しては、実際、私自身が、毎回、見れば見るほど恐ろしくなり、そんなアホなことをしている自身が情けなくなるほどです…。

そのような思いになる方が1人でも減って頂けたらという思いで、今回の定例講義でしっかりと解説をしました。

ぜひ、有効活用して、離陸するまでの時間を早めるために、そして、あなたの商品がずっと市場に残り続けていくようにするためにして頂けたら嬉しい限りです!

その音声、動画は、以下をご参照頂けたらと思います。

※以下の内容は、当スクールの「アントレプレナーコース」「CEOコース」「個別ゼミ」の受講生、及び、「在宅秘書」関連サービスをご利用の方だけがご覧頂けます。
入学を検討される方はこちらのページをご確認の上、お手続き頂けますと幸いです。
お手続き完了後に発行されるIDにてログインされますと、以下にて、続きのコンテンツを閲覧することが可能です。


この記事と同日に投稿された他の内容

関連記事