シェア・ブレイン・ビジネス・スクール 代表 中山匡 プロフィール

NakayamaTadashi
代表 中山匡
一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール 代表理事
NPO法人ウーマン・キャリア・デザイン 理事長
アントレプレナー・コーチング株式会社 代表取締役
ホームページ:http://www.sbbs.or.jp/

栃木県生まれ。東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻修士課程修了。専門は物理学、及び、核融合。

幼少期よりエジソンの伝記を全て読破。
物理学とは神が創った方程式である」と開眼し、発明家を夢見る。

就職活動中、エジソンの残した最大の発明は研究所であり、GE社の設立者であることを知る。その思想をベンチマークし理念とした、株式上場支援・フランチャイズ本部立ち上げ支援最大手の経営コンサルティング会社に入社。事業の発明家を志す。

地場工務店の直営展開に従事。1人のトップ営業マンと半年間寝食を共にし、その成功の「核」は何であるかを抽出。手法を標準化し、支店全体に広げたところ、売り上げが3倍増。さらに、それを他の支店に広げたところ、全国20都道府県、年商250億円、従業員400名のハウスメーカーに進化する。

この過程を通じて、事業化においては、最初に創る事業の「核」が全てを支配することを確信し、31歳で独立。スタートアップを目指す起業家同士を融合させる「月刊アントレプレナー・コーチング」を創刊し、わずか6ヶ月で400名が購読。

また、10年かけて海外の文献も読み漁り1,061個のビジネスモデルを研究。小資本でスタートアップが可能なビジネスモデルを7種類22分類に体系化。そのノウハウをまとめた教材は5,670円にも関わらず5,000冊が完売。現在もメールマガジンにて情報を発信し続け2万8,000名以上の読者が購読。

主な記事投稿先は日本実業出版社「経営者会報」、「商業界」、日本能率協会「JMAマネジメントレビュー」、リクルート「アントレ」等。また、東証一部上場 スターティア株式会社、中小企業基盤整備機構、他全国の商工会議所等より講演依頼が相次ぐ。

自らがファウンダーとなる代表的事業が、2009年にリリースした、結婚・出産をきっかけにフルタイム勤務を断念した女性を、在宅勤務スタイルで起業家とつなぐ「在宅秘書サービス」や「シェア秘書サービス」。「年商が1桁変わる」と起業家から好評の同サービスは150社以上が導入。登録秘書は1,500名を超える。東芝の元役員秘書、外資系企業の日本支社長の元秘書、NHKの元ディレクター、全日空の元キャビン・アテンダントといった有能な女性が経営参画することでスタートアップが加速する例も。

これからの女性の新しい働き方の一つとして共感を受け、TBS「がっちりアカデミー」、TV東京等のゴールデン番組でも採り上げられている。

広がる事業には、美しい方程式が秘められている」という理念のもと、方程式を創り出す事業家を量産することに力を注ぐ。

昨今は、ビジネスモデルのロードマップを描けるコンサルタント養成にも力を入れ「ビジネスモデル・デザイナー(R)認定講座」を開講。将来性を買われたこの事業は(公財)日本生涯学習協議会から評価され、2015年ビジネスモデル部門賞を受賞。

受講生は現役コンサルタントも多く、「バラダイムシフトが起こる」「ここまで詳細にビジネスモデルを体系化している例は他に無い」「同じ志を持つ人と交流できるのが財産だ」との声が届く。

わずか2ヶ月でイノベーションを起こすことを目的としたコンサルタントの養成は、東証一部上場企業など社内にイノベーションを根付かせたい企業からも注目が高まっている。

趣味は映画と料理。主夫として、育児や家事にこの5年間、毎日6~8時間割き続ける等、プライベート活動も大切にしている。

ビジネスモデル・デザイナー(R)認定プロジェクト 代表
在宅秘書10万人雇用創出プロジェクト 代表
在宅秘書検定 認定機関 代表

一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール 代表理事
アントレプレナー・コーチング株式会社 代表取締役
NPO法人ウーマン・キャリア・デザイン 理事長

これまでのシェア実績