中山さん画像

長寿化で私達のライフスタイルがどう変わり、どんなビジネスチャンスが生まれるか?

※第69回 定例講義(中上級編)

2017年08月01日(火)【定例講義 中上級編】 講師名:代表 中山匡  【講師一覧→】

長寿化と言うと、高齢化社会に突入し、人口減少が続くなか、社会をどうやって支えていくのかという問題に関連するわけで暗いイメージをお持ちの方が大半かと想像しています。

一方で、逆にそのような社会だからこそ起業家としてチャンスととらえて新しい社会をつくっていけないか、社会を変革していけないかと考えることもできるかもしれません。

国連の推計によると、日本では、2007年に生まれた子供の半分は107年以上生きることと予測されています。

うちの息子もそれだけ生きる確率が50%もあるのかと考えると、いろんなことを考えさせられますね。^^

また、同じ予測に基づくと、50歳未満の日本人は、自分が100年以上生きるものだと考えて、ライフプランを立てておいた方が良いという仮説も立てられています。

自分が子供の頃の印象でいうと、60歳と言えば、完全なるおじいちゃんで、もう引退した人というイメージでした。

80歳となると、歩くのも大変で、仕事などしているわけがないという印象を持っていました。

書籍「ライフシフト」の冒頭には、昔の60歳、80歳よりも、今の60歳、80歳の方がはるかに元気だという記載があります。

そして、今後の60歳、80歳の方がさらに元気になっていくのでしょう。

私達は60代で引退することを前提にこれまでの教育を受け、ライフプランを設計し、活動してきました。

しかし、今後は、それが後ろ倒しされ、80代で引退することを前提とした教育が必要になり、そのようなライフプランを設計していくことが必要になってきつつあります。

では、そのような教育支援やライフプランの設計の支援は、一体誰が行うのでしょうか?!

もちろん、国がするとなるととんでもないほどの時間がかかってしまい、手遅れになりかねません…。

当然、それは、私達、起業家がすべきことではないでしょうか?!

今回、まさにそういったことについて掘り下げて解説をしました。

そのテキストや音声は以下をご覧いただけたらと思います。

※以下の内容は、当スクールの「CEOコース」「個別ゼミ」の受講生、「在宅秘書サービス」をご利用のクライアント様だけがご覧頂けます。「アントレプレナーコース」の受講生は、「CEOコース」に変更手続されますと、以下のご参照が可能となります。
コース変更をご希望される方はこちらのページよりお問い合わせをお願いできますと幸いです。
お手続きが完了されている方がお持ちのIDにてログインされますと、以下にて、続きのコンテンツを閲覧することが可能です。


この日に発表・解説された他の内容

関連記事