認定取得のステップ

ビジネスモデル設計手法を自身の講座カリキュラムに取り入れ、1,000万円の利益を上乗せされたい
経営コンサルタント・MBAホルダーの方々へ

起業するアイデアやテーマを明確にし、競合ゼロのビジネスモデルへとデザインし直して、実行していくためのステップは、これまで当社の6,000社を超えるビジネスモデル構築の支援の結果として、次の7つのステップに集約されます。(下図をクリックすると拡大してご覧頂けます。)

BMD-step

 

本プロジェクトで主催する「ビジネスモデル・デザイナー®認定講座」では、これらの7つのステップを次のような体系で修得していくことになります。(下図をクリックすると拡大してご覧頂けます。)

BMD-step2

 

以上の過程を修了し、認定試験に合格した方には、「ビジネスモデル・デザイナー® スペシャリスト」として認定されると同時に、本講座の監修・認定を依頼している第3者機関の「日本生涯学習協議会 認定ビジネスモデル・デザイナー®」の資格が付与されます。

本プロジェクトで「スペシャリスト」と位置付けているのは、ここまでの課程のことです。

ただ、「スペシャリスト」は、専門知識を持った方であり、それを実際に活用し、収益につなげていく上では、まだ十分ではない場合もあります。

そこで、本プロジェクトでは、専門知識を持つだけではなく、それを使いこなして収益につなげることができる人材のことを「プロフェッショナル」と位置付け、「プロフェッショナル」を目指す方のための研究会を設けています。

その研究会で定期的にトレーニングを継続している方で認められた方をトレーナーとして認定し、中核となるコンテンツである

起業アイデア発想法!小資本で起業する方法は7種類22分類

を中心とした講座を、日本全国各地で開催頂ける権利を取得することができます。

これらの構造を図示したものが次の通りとなります。

BMD-pyramid

 

本プロジェクトで、まず最初に目指して頂きたいのが、この「2級」に相当する講座であり、中核となるコンテンツである

起業アイデア発想法!小資本で起業する方法は7種類22分類

の講座を開講頂けるようになって頂くことです。

そのためにも、一通りの課程を修了の上、まずは「スペシャリスト」として合格し、その後のトレーニングを経て、「プロフェッショナル」として活動頂けたら幸いです。

 

なお、上記の通り、本講座では、認定やステップに各種段階があります。

そこで、改めてご理解が深まりやすいようにと考えまして、認定取得後にできることについて、こちらのページ
整理しておきましたので、お読み頂けますと幸いです。

続きはこちら→[認定取得後にできること]